札幌の新築一戸建てなら
コーズィ

2020.05.08 井上 太治朗

新築を建てるなら家事の時短を叶えたい!設備や間取りで実現するコツ

暮らしを楽しむ 家のこと

こんにちは。COZYの井上です。

 

炊事、洗濯、掃除といった家事は避けられないこととはいえ、日々負担に感じていらっしゃる方はかなり多いと思います。

新築を考えているなら、家事の時短を叶えるお家を手に入れる絶好のチャンス。

設備や間取りを上手に選んで、今よりも楽に毎日を過ごせるお家にしてしまいましょう!

 

 

家事の時短を可能にする新築住宅、設備面ではどこをどうする?

では炊事、洗濯、掃除の順に時短をサポートしてくれる設備をご紹介します。

お家づくりの参考にしてみてくださいね!

 

【炊事】

キッチン周りで非常に人気が高いのがIHと食洗機。

IHはガスコンロのように五徳を外して洗う必要がなく、平面なので調理中に汚れてもさっと拭くだけできれいになります。

煮込み料理などの加熱中にほかの作業をするのも家事の時短のコツですが、タイマー機能が付いているIHであれば、万一忘れても加熱しすぎることがなく安全です。

食洗機は言うまでもなく、食器洗いの手間を軽減。

家族が多ければ多いほど食器も増えて、洗うのが苦痛だという方は少なくありません。

COZYの場合はIHも食洗機もオプションとなりますが、付ける方は多いです。

 

 

【洗濯】

洗濯に関しては、お家の設備も大切ですが、便利な家電を買ってしまうのも一つの方法です。

僕は最近ドラム式の乾燥機付き洗濯機を買いました。

これが本当に楽で、干す作業が不要になるのでかなりの時短になると思います。

 

 

【掃除】

せっかくの新築ですから、勉強机なんかは初めから壁に造り付けにしておくと、机と壁の間の隙間がないのでそこにホコリが溜まることもありません。

脚も手前側だけ付ければいいので足元がすっきりしますよ!

壁に造り付けにした机は、ロボット掃除機との相性も抜群。

ロボット掃除機を使って家事の時短を目指すなら、家具の配置なども考えておきましょう。

あとは1部屋に1つハンディモップなどを置いておき、気がついた時にササッときれいにする「小掃除」をするとのちのち楽になります。

当社のオーナー様方に生活全般のアドバイスをしているジョンソンレディもコラム記事を書いているので、お時間があれば読んでみてください。

毎日少しの「小掃除」習慣で無理なくキレイを続けましょう。《便利な小掃除カレンダー付き!》

 

お風呂掃除はカビや水垢がやっかいですが、シャンプーを置く棚を箱状ではなく板状、あるいはワイヤーシェルフにすると水が溜まらなくていいと思います。

COZYの場合は標準仕様で温かく乾きやすい「ほっカラリ床」になっているので、一般的な浴室よりはある程度湿気を抑えられます。

さらにオプションで「床ワイパー洗浄」を付ければ洗浄と除菌を同時に行うこともできますし、換気暖房乾燥機があれば除湿プラス洗濯物干しもできて便利です。

 

 

【その他】

趣味をお持ちで、ある程度のスペースをそのために使う方であれば、そこに趣味のものをすべてまとめておく習慣をつけるといいでしょう。

僕のお客様でギターを弾く方の場合、1部屋にギター本体やコードブックなどの書籍類も全部集めてギターの趣味はそこで完結させるということをされています。

趣味のものって意外と居間とかに侵食していきがちなので、1カ所にまとめることで「どこへ置いたかな」と探すこともないですし、掃除もしやすいと思います。

 

あと、新築ではキッチンの立ち上がりの壁の前にダイニングを配置するケースが多いと思います。

その場合は、壁にくぼみを造ってそこにお箸などを収納すると、お子さんに配膳を手伝ってもらう時に役に立ちますよ。

 

 

新築の間取りに工夫するだけでも時短が叶う!

アイロンをかける主婦

間取りで時短を実現するとしたら平屋にする、もしくは2階にユーティリティを持ってくる、この2つがあります。

 

平屋にすると生活空間がワンフロアに集約されるので、階段を上下する動線がなくなりますし、ロボット掃除機も1台でほぼ全体を掃除できます。

洗濯の面でも、例えば1階で衣類を洗って干して、乾いたら2階のクローゼットへ持っていくということが同じフロアでできるので楽なんですよね。

 

2階にユーティリティというのも同じような考え方で、寝室とクローゼットが2階にあるのなら洗面も洗濯も同じフロアで済ませてしまえるのが時短につながると思います。

COZYのプランでも最近この間取りが出てきたところですが、検討されるお客様は増えています。

 

このほかには、回遊式というお部屋同士がつながっていてどこからでも各部屋へ移動できるようになっているタイプも使いやすいです。

玄関、シューズクローゼット、パントリーがつながっていれば、買い物をして帰ってきてすぐに重い荷物をパントリーに置けます。

パントリーを設けておくこと自体、まとめ買いしたものを置く場所があるということですので、買い物に出る手間が省けると考えることもできますね。

 

玄関から直接居間にも浴室にも行けるようになっていると(もちろん居間から浴室へも行けます)、お子さんがどろんこ遊びをしたあとや海へ遊びに行ったあとに便利。

先に居間へ入ってしまうと泥や砂の始末が大変ですが、お風呂直行なら汚れ物や水着を浴室内ですぐにすすげるので、一石二鳥で手間が省けるのです。

 

 

新築は家事の時短を意識して!できた時間は趣味や家族のために使おう

ダイニングでくつろぐ家族

特に共働きのご夫婦から、忙しくて家事にかけられる時間がないという声をよく耳にします。

また、お子さんが2人3人と増えていくと育児が大変で、せめて家事の負担を減らしたいというご家庭も。

食洗機やロボット掃除機、乾燥機付きの洗濯機など、設備や家電に任せられることは任せてしまいましょう。

 

平屋や回遊式の間取りにするなど、家事動線を短くできる間取りもおすすめですよ!

時短で楽ができれば何よりですが、それによってできた時間をご自分の趣味やご家族と一緒に過ごすことに充てて、新しいお家で充実した時間を過ごしていただけたらと思います。

 

「いつまでも続く自分らしい幸せな暮らし」がCOZYのコンセプト。

お客様の住まいのお悩みを解消して、一つでも多くのご希望を叶えるお家づくりをお手伝いしたいと考えています。

「どんな設備が必要かな…」「家事は楽にできる間取りにしたい!」など、お家づくりのお悩みはCOZYのお家の相談窓口にご相談くださいね!

 

井上 太治朗

この記事を書いた人

井上 太治朗INOUE TAIJIROU

私事ですが、最近子供が産まれたことをキッカケに、私もお家づくりをスタートし始めました^^

お家づくりの計画をしていく中で、COZYに来て頂くお客様が良く思われる「ここで良いのかな…?」「この金額で払っていけるかな…?」といった不安が、自分にも絶賛押し寄せ中です…(笑)

幸い、妻も同業種の為、妻も私も自分のしたい暮らしのイメージは割と持っていました。それでも毎日のように夫婦で話し合うことで、話がまとまりました。

このような経験で思ったことは「一つ一つ話し合って、夫婦が納得して進めることが大事」ということです。

お家は一生に一度の大きなお買い物なので、不安なこともたくさんあるかと思います。自分自身の経験とお家づくりのアドバイザーとして、「納得いくまで」サポートさせて頂きたいと思っています!

お気軽に何でもご相談ください!!