札幌の新築一戸建てなら
コーズィ

2018.03.10

札幌はもうすぐ雪解けの季節!春の大掃除「スプリング・クリーニング」のススメ

暮らしを楽しむ 家のこと

こんにちは、ジョンソンレディの神田恵理です。

長かった冬もそろそろ終わり、札幌も雪解けの季節を迎えました。

春からの新生活に備えて、おうちの点検とお掃除をしませんか?

 

欧米では「スプリング・クリーニング」といって、春先に大掃除をする習慣があるそうです。

冬の間にたまったホコリや汚れをキレイにして、気持ちよい新年度を迎えましょう。

 

雪解けの季節からスタート!まずはおうちの水洗い

ポカポカ陽気が続くと、なんだか気持ちまでうきうきしてきますよね。

そんなときに私がオススメしているのは、おうちの水洗い。

散水栓からホースを伸ばして玄関ポーチや外壁、ガレージのシャッターなどを水で洗い流せば、ホコリや目には見えない化学物質をすっきり落とすことができます。

高圧洗浄機がなくても、ホースにつなぐだけで使える便利なノズルもあります。

外まわりを水洗いしながら、同時に傷やヒビができていないかチェックしましょう!

 

窓をキレイにして春を迎えよう!

できれば、曇った窓ガラスも一緒に洗ってしまいましょう。

スクイージー(ガラスワイパー)で水気を切ると、ピッカピカになるはずです。

物置にしまっておいた網戸も取り付けましょう。

汚れている場合は、取り付ける前に水洗いをしてください。

スポンジを2個用意して、水でぬらし、はさんで汚れを落とすとキレイになります。

 

片方のスポンジにカッターで格子状の切れ目を入れると、汚れ落としの効果大。

ただし、雑巾で網戸をゴシゴシするのはNG。網がたわんでしまいます。

網戸は、きちんと手入れをすれば20年近くもちますが、取り扱いを間違うと劣化が進みます。

張り替えは1枚2000円程度ですが、家の網戸をすべて交換すれば3万円近くの出費になるので、手間を惜しまず、こまめにお掃除してくださいね。

 

冬の間気になった部分もしっかりチェック

無落雪住宅の方は、できればはしごから屋根の上に登って、スノーダクトの点検を。

枯れ葉や泥でダクトが詰まると、水があふれてしまうので、ゴミがたまっていないか確認しましょう。

自分ではできないという場合は、プロの業者に頼むこともできますので、私たちジョンソンレディにご相談ください。

 

また、冬期間、配水管が凍らないようにつけていたドレーンヒーターのスイッチも忘れずにオフにしましょう。

お庭の樹木も冬囲いを外して、枝を開いてあげましょう。

ゴールデンウィークの頃にはホームセンターにお花の苗が並ぶので、それまでにウッドデッキやフェンスにペンキを塗ったり、補修をしておくのもいいですね。

 

冬の間に気になったところがあれば、あらためて点検を。

たとえば、ガレージのシャッターが重かったのなら、シャッターの両脇に潤滑油をスプレーします。

ガタガタせず、スムーズに動くようになるはずです。

鍵穴がしぶいと感じたなら、市販の「鍵穴パウダー」が便利。

なければ鉛筆の芯を削った粉を鍵にまぶずしてさすだけで、滑りがよくなります。

ただし、玄関の鍵穴に潤滑油をさすのはNG。よけいホコリが詰まってしまいます。

 

家の中を大掃除して春支度ばっちり

 

外まわりがキレイになったら、次はおうちの中。

まずは窓を開け放して、空気の入れ替えから始めます。

冬の間はどうしても匂いがこもりがちなので、ペットを飼っている方は、ペット用品を一度外に出して、日光にあて、消臭するとよいでしょう。

 

冬の間、敷きっぱなしだったラグマットも洗って干したり、外に出してホコリを払うだけでもスッキリします。

カーテンやクッション、ベッドカバーなど、ファブリック類もお洗濯を。洗濯機で洗えるかどうかはタグで確認できます。

自宅で洗える場合、いつもより脱水を弱くして、カーテンレールに吊して干せば、シワが気になりません。

 

窓ガラスは、内側の拭き掃除も忘れずに!

窓がクリアになるだけで、気分が一新するはずです。

ブラインドの場合は、両手に軍手をはめて、弱アルカリ性の洗剤を薄めた水でぬらし、指で羽をつまんで上下のホコリを落とします。

パタパタと折りたたむシェードはお掃除が難しいので、ジョンソンレディに相談を。自分で挑戦するか、プロに頼むのがいいか、一緒に考えましょう。

 

インテリアもクローゼットも春色に模様替え

ひと冬お世話になったパネルヒーターも、ホコリをとってあげましょう。

私のおすすめはレデッカー社のブラシ。やわらかな山羊毛が隙間のホコリをからめとってくれます。

インターネットの通販でも手に入るので、探してみてください。

気温がどんどん高くなる春は、油汚れが緩むので、実はレンジフードのお掃除にも向いています。

年末の大掃除はやめて、毎年、春に掃除すると決めてしまうのもいいかもしれませんね。

 

さて、仕上げはクローゼットのお掃除。

扉を開け放して空気を入れ替え、床に置いているものを取り出して、綿ボコリを掃除したら、同時に衣替えもしてしまいましょう。

重いコートやブーツは片付けて、春色の服やシューズを並べたら、心までふんわり軽くなるかもしれません。

進級や異動など、家族の環境もいろいろと変化する春。

「スプリング・クリーニング」をすれば、おうちも心もスッキリして、きっといいスタートがきれますよ!

 

春のインテリアはCOZY一戸建て住宅施工事例で、ぜひチェックしてみてくださいね!