あなたに“ちょうど良い”
家づくり。コーズィ

お家のご相談・ご見学はこちらから!

火災保険と地震保険の必要性とは?保険金の疑問も解決!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
火災保険と地震保険の必要性とは?保険金の疑問も解決!

こんにちは。COZYの宇佐美です。

 

2018年9月に起きた北海道胆振東部地震。

北海道では大きな地震がほとんど起きないと考えられていましたが、今回のことで日頃の備えを見直された方も多いのではないでしょうか。

 

いざという時に守ってくれるのが保険です。

火災保険、地震保険の必要性について、いま一度ご説明しましょう。

 

 

火災保険の補償内容は?地震保険は必要?

単純な考え方として、家が火事になったら火災保険、地震で損壊したら地震保険が適用されます。

ただし同じ火災被害でも、地震が原因で起こった火事であれば地震保険の補償範囲なので、どちらに起因するかというところが肝となります。

 

火災保険の補償内容とは

火災保険でカバーできるのは、火事の損害ばかりではありません。

 

例えば、うちの会社で家を建てるお客様にオススメしているあいおいニッセイ同和損害保険の「ワイドプラン」であれば、落雷・破裂・爆発などによる火事もOK。

このほかに風災、雪害、水濡れなどによる被害も補償対象で、万一の際に家が受けたダメージの補修をほぼまかなっていけるプランとなっています。

 

さらに、ご希望により盗難や水害などについても補償範囲を広げることができます。

 

 

地震保険の補償内容とは

対して、地震保険では地震による損害のみが対象。

とはいっても、地震に起因する火災、損壊、噴火による埋没、津波による流出といった被災内容も含まれます。

 

火災保険は日常生活の中で想定される広範囲の災害・損害に対応していますが、どの会社のどのプランでも、それだけでは地震に起因する被害を補填することはできません。

地震保険は個々の保険会社ではなく、国の制度として整備されているものだからです。

 

「北海道は大きな地震が少ない」なんてもう言っていられなくなりましたし、僕の考え方としては火災保険と地震保険は1セット。

地震保険にもぜひ入っておくべきです。

ちなみに、僕がこれまで担当した約40組のお客様に関しては、地震保険に入るかどうか悩むことすらなく、皆さんきちんと加入されています。

 

 

火災保険の豆知識 −類焼した時はどうなる?−

火災保険でけっこう気にする方が多いと感じるのが、自分の家の火が隣近所に燃え移ったらどうなるかということ。

 

基本的には、自分の保険を隣近所に適用する義務はありません。

類焼損害・見舞費用特約というオプションを付けていれば補償可能ですが、相手の家で火災保険に入っているとこれは使えず、相手側の火災保険を使ってもらうことになります。

保険はまず第一に自分たちを守るものというのが原則です。

 

 

火災保険と地震保険で補償される金額を比較

先ほどのお話で、家が火事になった場合、何に起因するかによって火災保険での補償か、地震保険での補償かが決まるとご説明しましたね。

例えば漏電や誤引火などで家が全焼した場合、火災保険では最大で建物評価額の全額が保険金として支払われます。

 

では地震が原因の火災によって全焼した場合はどうなるでしょう。

地震保険については、よく「建物評価額の半額が地震保険金額のMAX」といわれますが、正確には「火災保険金額の50%が地震保険金額のMAX」。

火災保険で最大3000万円の保険金が出る設定であれば、地震保険では最大でも1500万円までしか設定できません。

さらに、建物評価額も時価、つまり使用して消耗した分が差し引かれて計算されるので、「地震保険で全部は直せない」という場合も。

 

他社のお客様のお話ですが、築1年で北海道胆振東部地震の被害に遭われた方で、修理費用に約2000万円かかるところ、地震保険を適用しても1200万くらいしか出ない、と判断されました。

残り800万をどうするかというと、またローンを組むしかないのだそうです。

 

では「全額出ないなら地震保険に入るのは保険料がもったいない」と考えますか?

 

一番怖いのは全額実費負担。

「半分しか出ない」のではなく「半分は国が出してくれる」と捉えると、地震保険の大事さをわかっていただけると思います。

 

 

保険料控除は火災保険と地震保険それぞれで違う!

かつては損害保険と火災保険は同じ括りで考えられていましたが、平成19年にその括りが撤廃されて、火災保険の控除はなくなりました。

ですから現在、火災保険料は控除の対象外。

 

一方、地震保険は控除可能ですので、年末調整の時期に申告をお忘れなく。

 

 

火災保険と地震保険、どちらも加入がおすすめ

一般的に保険料をなるべく安く抑えたいという方は多いですが、今年6月に家を建てた僕自身、火災保険のように最低限でも家と自分たち家族を守る補償は必要だなと感じています。

 

例えば2000万円の家を建てたけれど、保険はそれほど使わないだろうと保険金額の上限を1000万円に設定して保険料を抑えようとする方もいるかもしれません。

でも万一火事で全焼した時、1000万円では元のような家は建ちませんから、こういう節約の仕方はオススメしません。

 

ハウスメーカーの担当者が「これくらいの保険金額で設定されては」と提案するところは案外妥当なので、ぜひ参考になさってください。

地震保険についても、やはり火災保険と併せて加入すべき。

修理費用を少しでも軽減してくれる保険と考えると、半額でも国から出してもらえることで助かる方はかなりいらっしゃると思いますよ。

 

札幌COZYの新築一戸建ての相談窓口でもご相談に乗りますので、お気軽にお問い合わせください!

 

 

宇佐美清貴
この記事を書いた人
宇佐美 清貴

皆様 こんにちは!
 COZY事業部 営業の宇佐美です!

 1児のパパやってます!
 子供が生まれる前はどう接したらいいか全くわからなかったですが、
 生まれて抱っこした瞬間に赤ちゃん言葉で話しかけてました!笑

 楽しくお話しできたらと思っていますので、
 何でも話します!そして何でも話してください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連する記事

メルマガを購読する!

家についてのお役立ちコラムをCOZYスタッフがリレー形式で更新中!限定キャンペーンのお知らせも。

カテゴリー

人気ランキング

  1. 1位

    新築一戸建ての家具費用、100万円もかかりません!
  2. 2位

    セントラルヒーティングのオトクな使い方。家全体をふんわり節約保温
  3. 3位

    住宅にアリが侵入!増殖の被害を防ぐ対策とは

最新記事